1. ホーム
  2. 道具・必要品
  3. サックス演奏に必要なもの
  4. ≫vibrato sax ヴィブラートサックスA-1S 世界初ポリカーボネイトサックス

vibrato sax ヴィブラートサックスA-1S 世界初ポリカーボネイトサックス


 

vibrato sax ヴィブラートサックスA-1S は安くても本格的な音が出るとプロも絶賛

 

 前々から欲しいなと思っているカーボンサックス。
プロである私の師匠もいち早く手に入れて、音の良さを話してくれました。 

円安傾向に傾きつつあるので
手に入れるなら今のうちかなと思っています。  

メンテナンスフリーに近いし、まだそれほど高くもないので
一台持っていても良いかな。

>>石橋楽器<< で扱ってます。

Vibrato SAXの特徴

管体にポリカーボネイトを使用しているので
約1Kgという驚きの軽量です。
見た目からは想像しにくいかもしれませんが
本格的なサウンドを演奏できます。
 

基本メンテナンスフリーなので、
メンテナンス費用はまず掛かりません。
調整は簡単で末永く使用できます。
 

パッド部はシリコンゴムを使用していて、
簡単に交換できるため
今までのサックスのような 手間もかかりません。

サックス初心者から上級者まで使えるサックスです。
 

 vibrato sax

vibrato sax ヴィブラートサックスA-1S の評価とスペック

 

ソリッドカーボネイトボディをもつA1Sは輪郭のあるレスポンスの良いパワフルな音色が特徴です。
A1と比べボリュームがありエレキ系とのセッションでも活躍してくれそうです。
ジャズはもちろんファンク系でもよく合いそうな魅力ある音色です。
 

 

使用者のレビュー

 

いつもメインはピッコロやフルートを吹いてます。
サックスは時々しか吹かないのですが、

ピッコロのプラスチック製の楽器を野外演奏用に探してた時に、
アルトサックスにもプラスチック製の楽器があることを知り、興味をもち、購入。

なかなか入手できず、ようやく手にした感想は、
音もふだん吹くサックスに劣らず、なかなか面白い。

ただ、心なしか、音の切れに余韻が足りない感じはあります。
だから、私の技術では音の処理が大変かも。

私のようにサブで時々もちかえて遊びで吹く人にはむずかしい。
お手軽だけど、キチンとした技術も必要かなぁ…と感じてます。
これから、ふきこなせるように練習が必要です(笑)

 

スポンサーリンク