1. ホーム
  2. サックス初心者の基本
  3. ≫サックスのネックの取り扱い注意点

サックスのネックの取り扱い注意点


ネックを固定するネジを締めても、ネックが動いてしまう時には ネックから息が漏れてしまい、機密性が悪くなります。ネジを締めたら動かないかどうか確認しましょう。しっかり締まらなければ修理をしてもらいましょう。

ネックの曲がってる部分が下に曲がるかも

ネックを抜き差しするたびにネックの曲がっている部分が下に曲がっていく(図の矢印方向)

また、次のような場合もあります。片手でネックを支えずにマウスピースをグリグリとネックに差し込むと微妙に気づかないぐらいにネックが曲がってきます。  次の図のようにマウスピースを差し込んでくださいね。

ネックをギュッと握っても曲がりやすくなります。その結果、思い切り良く鳴らないし息も入っていかない。まるで管体の中に何かを詰め込んだように吹くのに抵抗がある。鳴りが変だと思ったら、目で見たり触ったり、ネックの付け根を触ってみて変形を確認します。

使う前にネックを差し込んだ状態で写真をとっておくと、どの程度曲がったのかが分かります。直し方はネックを本体に装着して、マウスピースも付けたままで本体をしっかり支えてネックを上にグイグイ曲げる。

怖い人は修理に出しましょうね(笑)

 

オクターブキィーには力を入れないように

オクターブキィーはとても軟かくてデリケートな部分です。力を入れるだけで歪みます。
細心の注意をもって取り扱いましょうね。歪んでしまうと、オクターブキィーのふたが大きく開いたり全然蓋が開かなくなったりして正しい音が出なくなります。

サックスの機能がおかしくなったら、まずオクターブキィーを 疑いましょう。 ネックの上にあるオクターブキーが、操作どおりにきちんと開いたり閉まったりしていますか。タンポがしっかりとオクターブトーンホールを塞ぐか確認しましょう。

ネックと金属部分の間から水分が出る

次のような原因があります。コルクの貼りあわせの枚数が通常より多い場合、貼りあわせから唾液が漏れることがあります。

スポンサーリンク