1. ホーム
  2. 楽譜を見てサックス演奏
  3. サックスレッスン実録
  4. ≫サックス 基礎からやり直し!①

サックス 基礎からやり直し!①


学んだ事を記録して、日常の練習の材料としたい。

本当の基礎の基礎。

[note](1)ロングトーンは当然の毎日行う。

(2)タンギングも必ず夫々の音で行うように勤める(今は基礎だから)

(3)スケールの練習はゆっくりと吹く。[/note]
 

例えばハ長調だったら、ドレミファソラシドレドシラ
ソファミレドのように上がって降りてくる。これをゆっくりと行う。

次は♭一つのヘ長調。♭は五線譜のシにつく。
フラットが一つ増すごとに、

どの音に♭がつくか、順番に書くと
シ、ミ、ラ、レ、ソ、ド、ファ

シャープはこの逆に、
ファ、ド、ソ、レ、ラ、ミ、シ とが 付く。

これを毎日呪文のように唱えて憶える。
 

自然に口からでるまで憶える。
とにかく、ゆっくりと各スケールで半音下がる音を自然にできるには、ゆっくりと行う。
 

(4)楽しみながら練習する。例えば実際の曲に挑戦しながら(1)~(3)を生かす。

今日教えてもらったテナーサックスの
ZOOT SIMs(October 29, 1925 – March 23, 1985)

渋い。 かっこいい。

これはレーザーディスクの映像しかないらしく、
YOUTUBEにアップしてもらってありがたい。
 

彼は、この撮影後に60歳になる前に若くして死去した。
貫禄充分、年とりすぎて見えるのは私だけか?
———–
すべて削除されてしまったので別を貼り付ける。 

 

 

 

スポンサーリンク