1. ホーム
  2. ジャズを聞く
  3. ≫バイバイブラックバードにみるフレーズパターンを繰り返し練習する

バイバイブラックバードにみるフレーズパターンを繰り返し練習する


サックスの楽譜に見る音の集合体を一つのまとまったパターン(フレーズ)として吹く

 

バイバイブラックバードをサックスで吹くときに、譜面通りに吹くのではなく、ジャズらしい休符とそのあとの音にアクセントをつけて
流れるよう音の集まりをつなげて滑らかに吹くことが重要です。

例えばバイバイブラックバードには、アドリブ以前に大事な、日本人には間違えやすいパターンがあります。
楽譜で示してみましょう。楽譜はそのパターン部分だけを書いています。
楽譜が小さいのでクリックすれば別窓が開き拡大されます。 

連続して次のようになります。

上の八分休符で明確に音を切ると流れが途絶えてしまい、聞きづらい音になってしまいます。
あくまで連続したメロディーとして聞こえるようにしましょう。

この曲には大事なジャズらしいパターンが出てきます。
それがもつながって出てきているのが次の部分です。
上のメロディーに続く部分です。

 

 3つの赤丸で囲んだ部分はそれぞれ音のパターンです。それらを流れるように吹いてこそ
曲としてまとまったものになるんですね。

[important]  タ タタッタター [/important]
オレンジ色の部分(ウ や ッ が休符)タの音はタンギングをしてアクセントを入れます。

まあ、こんな感じで「まずは声出してなど全メロディーを歌えないと」吹けません。
メトロノームに合わせて ウタタタと歌ってみましょう。 

最後になりましたが、出だしを見てみましょう。

同じく ウは休符、タはタンギングをします。四分音符は二種類のタンギング。
最初のテヌートタンギングは発音的には「TO」で音を十分に保ちますが、
音のバランスを崩さないように、スムーズに行います。
[important]  タタータ タータタ [/important]

次は、スタッカートのタンギングになっています。
できるだけ音を短くし「止めるタンギング」が重要です。
音のイメージとしては「ティッ」と歯切れよくです。

以上を注意しながら吹いてみて下さいね。 

スポンサーリンク