1. ホーム
  2. 道具・必要品
  3. チューナー
  4. ≫サックスのチューナーと倍音 BOSS TU-12W 、TASCAM LR-10、TASCAM DR-40

サックスのチューナーと倍音 BOSS TU-12W 、TASCAM LR-10、TASCAM DR-40


サックスでも何でも楽器をやるからには「チューナー」って必要

 

自分の耳には絶対音感ないで(*゚▽゚*)

余程自分の音感に正しい自信をもつ人以外はチューナーを用意しましょう。

 チューナー見ながら、フィードバック受けながら正確な音程ださなきゃ。
音痴が平気で歌ってるのと同じ ようなことがおきますね。

倍音

 

ただサックスでもバイオリンでも、正しく響いてる時には
倍音がバランス良く鳴っています。

そんなことは知ってるよって人は、読み飛ばしてください。

倍音が鳴っている(色々な音程の音がバランス良く鳴っている)
から豊かな音色が出て、惚れ惚れするような演奏ができるわけじゃないですか。 

チューナーはこの倍音がバランス良くなっている時に、チューナーメーターが
合うように作られてるんです。

なので、ここのバランスが狂ってると、音程があってないという表示が出てしまうんですね。

初心者のうちは楽器をしっかり鳴らすことが難しい。難しいからチューナー使うわけで
ここらの「倍音」の練習もしていくことで、豊かな響きの安定した音程で吹けるようになります。

逆にチューナーでいくら音程が合っていても、倍音の出ていない響きのない音に
なってしまってることもある。いろいろ厄介です。

チューナーは単に合えば良いんじゃなくて、色々な音色がバランス良く鳴っていて
合うことを目指す道具だと考えたらどうでしょうか。

倍音の練習してますか?倍音は指の押さえはそのままに高さの違う音を出す
練習をしてると、早く自然に出るようになりますよ。

 

チューナー

 

私が使っているチューナーですが、YAMAHAで特売してたBOSSの TU-12Wです。
ラインがあるんで気を使いますが、十分じゃないかなと思ってます。

 <<BOSS 管楽器専用クロマチック・オート・チューナー TU-12BW>>

 

 

録音機+メトロノーム+レコーダーの一台3役をするものが最近はでてるんですね。

 

TASCAMというとTEACですか。
TASCAMは以前レコーダーを持ってましたが、使いやすかったです。

一台三役って使い勝手はわからないんですが、レビュー読むと
評判は良さそうですね。

それにラインが不要ってのも便利ですね。 

 

TASCAM LR-10


①どんな場所でもすぐに練習を始められる。②機械音痴なので簡単に扱えるものが良い
③高音質で録音して自分の音を確認する
④使いやすさ第一
TEAC TASCAM アコースティック楽器トレーナー/PCMレコーダー LR-10 

<<TEAC TASCAM アコースティック楽器トレーナー/PCMレコーダー LR-10>>

  

TASCAM DR-40

 

①コンサートやライブでの演奏を最高の音質で録音する
②録音レベルや外部マイクの使用などとことん音質にこだわりたい
③録音時の音を細かく設定して自分だけの曲作りを楽しむ
④普段の練習でも活用したい。
【国内正規品】 TEAC TASCAM リニアPCMレコーダー DR-40 

<<【国内正規品】 TEAC TASCAM リニアPCMレコーダー DR-40>>

 

 

スポンサーリンク